大丈夫!僕達は

ちゃんと結婚する!ぎゃ~かっこいい~!!

中丸くんのドラマ見てます!正直、中丸くんが登場するシーンは、ラブラブ出来るかな~って、緊張して見てます。そして見終わった後は、「なんか変~、この大根!」と思い見終わるのですが、あら不思議、録画を見返すと、「きゃ~素敵!すごくイイ!」ってなるのは何で?

私が思うに、中丸くん独特の空気感とかリズムとか、話の筋の中では、浮くというか引っ掛かるのだと思う。
本業の役者さんたちは、当然のことながら自然に見えるように演じてます。ドラマの中で生きている人に感じられて、ドラマ脳でない私でも、筋が追えて楽しめてます。

中丸くんが、奇妙に映るのは、やっぱ彼は曲者なんでしょうね。普通を売りにしている中丸くんですが、トップアイドルKAT-TUNのメンバーである事実は、隠せませんね。
中丸くんは、現実世界の日常には、すーっと馴染むんだと思う。『シューイチ』とか『タメ旅』の現場やメンバーといるときは、限りなく素の状態を見せてくれてるのだと思います。確かに人のいい、あんちゃんにしか見えない。

それが、ひとたび、ドラマのように虚構の世界に入ると、普通を演じていても、奇妙な存在感があって、なんか目立つんです。見てて、変な言い方だけど、居心地が悪いというか、ソワソワするというか。
中丸くん、『マッサージ探偵ジョー』とか、ちょっと変わったドラマ、役柄がはまってて面白かった。それは、中丸くんが画面に置かれた時の、ちょっと奇妙な空気感にマッチして、かえって自然に感じられたせいかも。普通の人を演じると、ぜんぜん普通に見えない。ザワザワした気持ちになる。

2話目で、初見、見てて緊張したのが、ゆいちゃんのほっぺを、むにーってするとこ、なんか怖い。危ない!って思った。笑。吉高さん、頑張ってナチュラルな恋人関係を築こうとしてるのだけど、お料理の味見しあいっこも、なんか、危ない!って思った。初見の時は、その後の展開が分からないから、サスペンスドラマ見てるような緊張感がありました。笑。

でも、見返してみれば、真面目で優しい彼氏にちゃんと見える。はじめから結婚する気満々だし。プロポーズもすごく良かったです。前半の指輪のくだりは、ちょっとワサワサしてたけど、「結婚してください!」からはすごく良かった。これは、初見から良かったです。そして、「大丈夫!」のセリフも良かった~。頼れる。力強い!

ひょっとしたらだけど、今回のキャスティング、普通で家庭的な男性ってキャラだから中丸くんに、って以外にも、物語のテーマにそった重要な意図があるのかも。
ゆいちゃんのライフスタイル、ポリシーをサポートして、くじけそうなときに精神的にも現実的な面でも支えになるのは、仕事をしっかりしながら、人生を楽しむことを知っている巧くんのような、旦那さんなのかもしれない。ゆいちゃんは巧くんのこと、すごく尊敬もしてると思うの。何となく、素の中丸くんを少し強調したような演技プランで演出されている気もする。あまり馴れた感じにしないで、頑固なとこも感じられるような固さも出してるのかも。
二人がケンカしたらどんな風なのか見たいので、向井さん演じる、元カレにもイイ動きしてもらいたい。私が思うに、向井さんは古いタイプの男性で、自分の間違ったとこは気付いても、元のさやには収まらないとみた。嫉妬した中丸くんの、冷た~い目の演技も見れるかも。あっ、それはいつもでした~。笑。

まあ、巧くんには、しっかりゆいちゃんとゴールインして欲しいです。そして、中丸くんは『ゼクシィ』のCMをGETし、結婚後のアレコレを題材とした、シーズン2、3と繋げて欲しいな~。夫婦でライバル会社に勤めてるから、絶対負けない!ってバチバチしたり、ある時はイチャイチャしたり。たぶん中丸くん、結婚後の演技の方が張り切ってやりそう。子供も3人くらいいるとか。
結婚したい男性タレント1位とかももらえないかしら。『ゼクシィ』来たら夢ではないわね!

3話では、ゆいちゃんは中丸くんちのお母さんに紹介されるみたいだし、アクティビティデートで、苦手なキャンプに行くのかな。中丸くんはアウトドア男子のキャラみたいだね。『シューイチ』でプロテイン飲んで筋肉をつけると言ってたけど、ツアーの準備のためなのか、インドアよりアウトドアにシフトするのか、ドラマも中丸くんの私生活も注目したいです。そろそろ実生活でもご結婚されるのかしら?どーぞ、どーぞ、遠慮なさらず、金屏風会見待ってます!それを『タメ旅』でいじられるのも待ってます!笑。







ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント